野良ジニアのスクラップブック

野良エンジニアによる雑記帳。技術、本、便利グッズなどを気の向くままに。

【DIY】シーリングライトのスポンジを交換する方法

 あとで読む

こんにちわ、野良ジニアです。

春も近付いてきて、本格的に引越しシーズン到来ですね。
僕はひと足先に引越したのですが、まだまだ部屋が片付きません…コツコツ地道にやっていこうと思います。

前回に引き続き、今回も引越しネタを記事にします。ちなみに前回の記事はこちら、カーテンが短かった場合の応急処置方法でした。

17number.hatenablog.jp

今回は、シーリングライトのスポンジ交換についてです。

先に結論:シーリングライトのスポンジ交換は簡単にできる!

写真多めなので、先に結論を書いておきます。

  • シーリングライトがグラグラするのはスポンジの劣化が原因
  • 劣化したまま新居に装着すると天井が汚れるので交換した方が良い
    • この汚れは落ちない(落ちにくい)ので要注意
  • スポンジ交換は安く簡単にできる
    • Amazonエプトシーラーを購入
    • 劣化したスポンジをカッターなどで削ぎ落とす
    • エプトシーラーを適当にカットする
    • 両面テープで貼り付けて完成
  • 経済的に余裕があるなら、LEDタイプへの買い替えがベスト!

せっかちさんのための商品リンク

「細かい説明はいいんだよ!」という方向けに、先に商品リンク貼っておきますね。

エプトシーラー(交換用スポンジ、両面テープ付き)

商品の幅、厚さ、長さなどは各ご家庭に合わせて選んでください!

ちなみに僕は「幅20mm 厚み10mm 長さ2m」のものを買いました。ライト1つ分に対して使ったのは40cm(1m60cmが余った)です。

LEDシーリングライト(安心のNEC製)

「この際だし新しい照明買っちゃおう!けど、あんまり高額なものはちょっと…」という方向けです。

  • これまでのシーリングライト(非LED)より明るい。感覚的に1.3倍ぐらい
  • スイッチのとこまでいかなくてもリモコンで簡単に操作可能
  • 明るさが5段階で調整可能。常夜灯(いわゆる豆電球)も合わせると6段階調整。
  • タイマー設定できるのでベッドでの読書にも便利
  • 非LEDのものとそんなに値段は変わらない(1000円程度)

シーリングライトの紐を引っ張るとグラグラする…?

寝る時に豆電球にしようと思って、電気の紐を引っ張ったらグラッグラの方いませんか?

それ、シーリングライトスポンジが劣化してるのが原因です!

本来、紐を引っ張った時にスポンジが支えになってくれるのですが、スポンジが劣化してると支えの役目を果たせません。

なので、引っ張った分だけライトが傾いてグラグラしちゃうんです。

約10年使ったシーリングライトの裏側がこちら

引越し屋さんに外してもらったライトはこんな状態になってました。ボロボロですね…

f:id:ryota-17:20170215184847p:plain

ちなみに新品のライトはこんな感じです。

f:id:ryota-17:20170215184848p:plain

引越し屋さんに話を聞いてみると、

「このまま取り付けると新居の天井が汚れるので止めた方が良い」

ライトの交換時期です」

とのこと。

シーリングライトを交換すべきかどうか悩んだ

「確かに10年ぐらい使ってるもんなぁ」と感慨にふけりつつ、「けど余計な出費は出したくないなぁ」と思った僕。

ひとまずグーグル先生に頼ってみました。検索ワードは「シーリングライト スポンジ 交換」

ドンピシャなブログが見付かった!けど…

検索で見付かったのがこちらです。

500円未満でできる家電修理・引っ掛け形シーリングライト編

「おお!そのものズバリな記事やん!!」

と思ってブログを拝見したのですが、

なお、この記事については続編を検討中です。お楽しみに。

と書いてあったが、肝心の続編を発見できませんでしたぐぬぬ
※カテゴリ=電化製品、2014年10月、2014年11月、2014年12月のアーカイブを確認。

投資費用も安いし、とりあえずやってみよう!

参考記事にてエプトシーラーがオススメされていたのでAmazonで検索。

エプトシーラーは400円弱だったので、ひとまず挑戦してみることにしました!

冒頭にも書いた通り「幅20mm 厚み10mm 長さ2m」のものを購入。
※幅、厚さ、長さなどは各ご家庭に合わせて選んでください!

なお、近所のホームセンターなどを数店回ったのですが、エプトシーラーは見付からず。
(似たようなスポンジはありました)

よっぽど急ぎでもない限り、ホームセンター巡りをするコスト(時間や交通費)を考えると、とっととポチった方が良いと思います。

実際に交換してみた!

劣化スポンジを除去しよう!

まずは劣化スポンジを除去しましょう。カッターで削ぎ落としていきました。

f:id:ryota-17:20170215184840p:plain

このカッター、ベッタベタになるのでどうでも良いものを使った方が良いです。もちろん削ぎ落としたら刃は折ってしまいましょう。


全部削ぎ落とした図がこちら。

f:id:ryota-17:20170215184841p:plain

エプトシーラーをカットしよう!

次にエプトシーラーを必要な長さにカットしていきます。

f:id:ryota-17:20170215184842p:plain

ハサミでざっくりとカットしていきます。

f:id:ryota-17:20170215184843p:plain

どうせ見えなくなるので、長さとか切り方は適当です。

エプトシーラーを貼り付けよう!

エプトシーラーには両面テープがもともと付いてるので、紙部分を剥がしてシーリングライトに貼っていきます。

f:id:ryota-17:20170215184844p:plain

貼り終えるとこんな感じです。柔らかいので手作業で曲線状にも貼れちゃいます。

f:id:ryota-17:20170215184845p:plain

元のスポンジ跡が見えてますが気にしません。

天井に装着しよう!

あとは普通に取り付けるだけです。

取り付け後、紐を引っ張っても、前までのようにグラグラしなくなりました。
※取り付け後の写真も載せようと思いましたが、照明を撮っただけの写真になったので止めましたw

なお、取り付け作業で怪我などしないように注意しましょう。高い場所での作業になるので、足場(ステップ)なんぞあると良いかもです。

まとめ

  • シーリングライトがグラグラするのはスポンジの劣化が原因
  • 劣化したまま新居に装着すると天井が汚れるので交換した方が良い
    • この汚れは落ちない(落ちにくい)ので要注意
  • スポンジ交換は安く簡単にできる
    • Amazonエプトシーラーを購入
    • 劣化したスポンジをカッターなどで削ぎ落とす
    • エプトシーラーを適当にカットする
    • 両面テープで貼り付けて完成

おまけ

スポンジ交換で無事に照明が使えるようになったものの、シーリングライトの数が足りなくて新しくLEDタイプのものもポチりました。

今までのライトと比べて、かなり明るいし便利になったので、経済的に余裕があれば買い替えも良いかもしれまん!

  • これまでのシーリングライト(非LED)より明るい。感覚的に1.3倍ぐらい
  • スイッチのとこまでいかなくてもリモコンで簡単に操作可能
  • 明るさが5段階で調整可能。常夜灯(いわゆる豆電球)も合わせると6段階調整。
  • タイマー設定できるのでベッドでの読書にも便利
  • 非LEDのものとそんなに値段は変わらない(1000円程度)

100均DIY的な関連記事

17number.hatenablog.jp

17number.hatenablog.jp

17number.hatenablog.jp

17number.hatenablog.jp

17number.hatenablog.jp

広告を非表示にする